氷河期世代がブラック企業でアーリーリタイアに挑む

氷河期世代の42歳。血を吐く思いで貯金してアーリーリタイアするのが目標です。蓄財方針は専守防衛。

いきなりステーキの会社四季報タイトルが面白い(ペッパーフードサービス)

スポンサーリンク

()f:id:yaitax:20200726132048j:plain

皆さんは会社四季報を読んだことがありますか?株関係のデータベース本で、四半期に1回出版されている辞書みたいに分厚い本ですね。大抵の本屋さんに置いてあるから見た事のある人も多いでしょう。 

f:id:yaitax:20200726130244j:plain

この会社四季報は、あらゆる上場企業の四半期情勢を限られたスペースに詰め込んでいます。中を開くとこんな感じ。 

f:id:yaitax:20200726132558j:plain

全く読む気がしないな…

なんか新聞みたいですね。

こんなお堅い会社四季報なのですが、、、

最近一部の株マニアの間で

ペッパーフードサービス(3053)四季報タイトルが時々ふざけてて面白い

と話題になっていました。ご存知のいきなりステーキを経営している会社ですね。

この話がずっと気になっていたので、2014年下半期から最新号までの四季報タイトルを全て調べてきました。確かに絶対ウケ狙いで書いてるだろう…というのもチラホラw

ついでに、四季報に濃縮されたタイトル文でいきなりステーキの歴史も振り返ってみようと思います。勝手に本の内容をアップするのもアレなので、写真はタイトル以外塗りつぶしています。予めご了承ください。

 

 目次

2014年

2014年 第3集

f:id:yaitax:20200725160420j:plain

【独自増額】【立ち食い出店】

歴史の始まりです。いきなりステーキが銀座に爆誕したのがこの半年ほど前。本文中では上野・渋谷にもどんどん出店するぞと鼻息が荒いです。タイトルはしばらく全然普通です。

2014年 第4集

f:id:yaitax:20200725160551j:plain

【急拡大】【新株予約権】

立ち食い店(いきなりステーキ)が想定以上に売り上げて絶好調。目標は年内30店舗!新株予約で10億円も調達しました。

2015年

2015年 第1集

f:id:yaitax:20200725160622j:plain

【拡大継続】【戦略】

この頃に30軒まで増えました!都市部を中心に直営店、FC店を増やす戦略だったそうです。

2015年 第2集

f:id:yaitax:20200725160635j:plain

【新業態牽引】【販促強化】

店舗が急に8割も増え、高単価商品がヒットしました。肉マイレージの販促も絶好調。

2015年 第3集

f:id:yaitax:20200725160649j:plain

【新業態牽引】【店舗戦略】

2度目の「新業態牽引」です。人件費や肉代の高騰をものともせず、強気の値上げでガンガン稼ぎました。今後は地方にも店舗を広げる作戦を立てました。

 

2015年 第4集

f:id:yaitax:20200725160703j:plain

【新業態牽引】【高単価出店】

3度目の「新業態牽引」。四季報のタイトルって結構使いまわしているんですね。でもまだまだ何の変哲もない四季報調。いきステのほうは好調を維持して増配です。肉マネーのプリペイドチャージもできるようになりました。

2016年

2016年 第1集

f:id:yaitax:20200725160719j:plain

【復調】【既存業態】

営業減益するも調子は良し。本号で初めて「ニューヨーク」という文字が現れます。

2016年 第2集

f:id:yaitax:20200725160735j:plain

【踊り場】【固定ファン】

「踊り場」って表現はなんか良いですね。しかしまだウケ狙いタイトルの片鱗は見えません。人件費や肉代がかさみ利益横ばいの時期ですが、肉マイレージや肉アプリの登録者数は絶好調です。

2016年 第3集

f:id:yaitax:20200725160746j:plain

【一転増益】【積極販促】

さらなる値上げで稼ぎまくります。楽天ポイント提携や、健康に配慮した米抜きメニューなど、販促にもぬかりありません。

2016年 第4集

f:id:yaitax:20200725160807j:plain

【独自増額】【立ち食い出店】

なんか既視感のあるタイトル…と思ったら2014年第3集と全く同じでした。コピペで作ったのか?四季報担当のやる気のなさを感じる1枚。

2017年

2017年 第1集

f:id:yaitax:20200725160824j:plain

【拡大続く】【運営委託】

いきなりステーキをさらに60店舗増やす野望が語られています。タイトルは相変わらず特徴なし。店舗の個人事業主化?のような施策も述べられています。

2017年 第2集

f:id:yaitax:20200725160836j:plain

【拡大続く】【立ち食い店】

四季報担当者がやる気ゼロなのが伝わる、面白味のないタイトル。本文には米国で出店が加速しているとあるのですが、なんでそれをタイトルに書かないのか。

2017年 第3集

f:id:yaitax:20200725160852j:plain

【上振れ】【新サービス】

この辺りからちゃんと独自性のあるタイトルが付けられるようになります。担当さんが変わったのか、はたまた急にやる気を出したのか。いきなりステーキは絶好調!連続増配からの60店舗増加、さらに肉スマホは機能強化して24万ユーザーへ。やったね!

 

2017年 第4集

f:id:yaitax:20200725160906j:plain

【いきなり加速】【事業集中】

ついに出ました、「いきなり加速」!!株マニアが言っていたのはこれですね。よくぞこのお堅い書物に掲載したものです。何かが吹っ切れたのでしょうか。

この頃にペッパーは一部上場を果たし、ニューヨークにも侵攻して年内には6店舗へ拡大。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いです。いきなり加速しましたね!栄光栄華を余すところなく表現した一枚。

2018年

2018年 第1集

f:id:yaitax:20200725160923j:plain

【続伸】【引き合い反発】

売上は想定以上に伸びて続伸、幸楽苑HDとも提携を結びました。でも四季報担当さんのテンションは続落か・・・ちっとも面白くないタイトル。上司に怒られたのかな。

2018年 第2集

f:id:yaitax:20200725160939j:plain

【拡大続く】【郊外】

なななんと、この時は200店舗もあって物凄い勢いで事業拡大しています。コンビニに肉マネーのPOSAカードが現れたのもこの時期だそうです。買ってる人見たことないけど。

2018年 第3集

f:id:yaitax:20200725160952j:plain

【続伸】【テコ入れ】

ペッパー続伸も、四季報担当が再びやる気を失った一枚。なぜなら・・実は内容は前作の2018年第2集のほぼコピペなのであります。黒塗りで見せられないのが非常に残念ですが、図書館に行って見比べてね。

2018年 第4集

f:id:yaitax:20200725161006j:plain

【増益幅縮小】【軌道化急ぐ】

利益の雲行きがちょっと怪しくなってきました。一方で米国では9店舗に拡大したそうです。てか軌道化ってなんだろう?意味がよくわかりません。

2019年

2019年 第1集

f:id:yaitax:20200725161019j:plain

【費用増】【米国上場】

やりました、ついにNASDAQに上場!!しかし国内は振るいません。出店攻勢は継続中と書いてあります。

2019年 第2集

f:id:yaitax:20200725161035j:plain

【過大感】【米国縮小】

ああ~・・・。国内店舗を増やし過ぎたことが指摘されており、米国では11店舗中7店舗が閉鎖だと書いてあります。しかしこれは、転落のほんの序章に過ぎなかったのです…

2019年 第3集

f:id:yaitax:20200725161053j:plain

【一転減益】【いきなり減速】

来ました!いきなり減速!!弱った企業にはとことん強く出る四季報担当さん。ペッパーランチは怒らないのか…。キレッキレの煽りタイトルと共に、本文のほうもすごく筆が進んでるご様子。店舗は210→140へいきなり減少しちゃいました…。

 

2019年 第4集

f:id:yaitax:20200725161110j:plain

【半減】【業績転換】

ついに115店舗まで半減。10月の消費増税に備え、配達や持ち帰りに活路を見出す作戦です。

2020年

2020年 第1集

f:id:yaitax:20200725161124j:plain

【赤字拡大】【いきなり閉店】

問題になった1枚。四季報で【いきなり閉店】はいかんでしょ!汗 もはや再生不能と踏んだのか?のりのりでふざけまくっています。黒塗り部分もめっちゃ早口で情報を詰め込んでおり、ウキウキの担当さんの顔が目に浮かびます。巨艦沈没の様子を捲し立てるようにナレーションする迷文だと思うので、暇な人は本屋さんへGO。

2020年 第2集

f:id:yaitax:20200725161139j:plain

【無配転落】【暗中模索】

「暗中模索」と、ペッパー経営陣の心中を的確に表現しています。いきなりステーキの客足減少が止まらず、ついに本体だったペッパーランチ事業が身売りされることとなりました…。ドナドナドーナードーナー…うられてゆーくーよー…

2020年 第3集

f:id:yaitax:20200726130620j:plain

【大赤字】【崖っぷち】

崖っぷち!!ただでさえ不振が続いていたところにコロナが追い打ちを掛けました。仕入れ先の社長さんから個人的に20億円を借りて延命を図っているみたいです。崖から落ちないことを祈ります。

いきなりステーキの今後

次の2020年第4集のタイトルは一体どうなってしまうのでしょうか?

【いきなり復活】か?それとも【いきなり倒産】か!?

倒産したら四季報から消えちゃいますよね…

それは悲しすぎるので、皆さんもステーキを食べに行ってあげましょう。個人的にはもうちょっと値下げしてくれたらな~、と思いますけど。

今後も四季報が出るたびにアップデートしていきたいと思います。

//トップページ広告 //トップページ広告終わり