氷河期世代がブラック企業でアーリーリタイアに挑む

氷河期世代の42歳。血を吐く思いで貯金してアーリーリタイアするのが目標です。蓄財方針は専守防衛。

資産6600万円突破

スポンサーリンク

f:id:yaitax:20190322214003j:plain


資産の棚卸を行いました。

ポイントコジ活や運用口座が分散し過ぎて毎度1時間かかるのがつらいです。でも意地でもマネーフォワードは使いません!

 

2019年度当初(4月)や前回の12月の棚卸と比べて資産は

 

5700万円(2019年4月)

→6230万円(2019年10月)

→6450万円(2019年12月)

約6602万円(2020年5月)

 

に増えました。

 

蓄財のペースが物凄く落ちています。5か月もかけて150万円しか増えていないなんて・・・。

 

別に豪遊したわけではありません。GWだって自粛して消費などほぼゼロです。

なぜこんなに少ないのだろうか?何かの計上漏れがあるのかと思いましたが心当たりもなく・・。

 

要因として考えられるのは

・放置しているわずかな株がコロナで暴落して50万円くらい損失が出ていた

・12月と比べて為替が円高に振れていた

 

でもですね、復帰した株式投資の調子が凄く良くて、いきなり70万円くらい含み益がでているのですよ。だから昔から放置している株の損失分は相殺されているはず。

 

為替のほうも円高になってはいるのですが、ドル建て資産は10万ドルもないのでダメージはそこまでではない。

しかもこの期間ではポイント乞食やFXアービトラージで50万円ほど利益が出たのですよ。

わ、わからん・・・

どう考えてもお金かポイントが消滅しているとしか思えません・・・

 

12月から増加した150万のざっくりとした内訳は下記。

いちいち記録を付けていないので少し適当ですが

  1. 給料貯金・・・150万円程度
  2. 元々の持ち株の下落・・・マイナス50万円程度
  3. ドル預金の為替差損・・・マイナス20万円程度
  4. FXアービトラージ・・・15万円程度
  5. 諸々ポイント乞食等・・・利益40万円程度&生活費捻出
  6. 復帰した分の株式投資の含み益・・・70万円程度

 

足し算したら絶対に200万円は増えてないとおかしいのになんでなんで?

 

 

まあ、お金をあちこちに動かしまくっているとこういうことが起こるのですね。 

どこかの口座に眠っているお金を忘れているのか?多量に抱えたポイントが消されてしまったのか?内訳はまめに記録していないからもうわからなくなりました・・・

 

なんか最近凹みます

コロナでスワップ金利が荒れに荒れ、FXアービトラージのサヤが無くなり。

自粛のせいかポイント乞食案件も渋くなり。

さらに本業もコロナで色々あって給料が減っています。

もうダメだぁ~ 全部コロナのせい!

 

もはや頼りになるのは株のみですが、リタイア資金を絶対に溶かさないように自制しつつ投資を続けたいと思います。

 

//トップページ広告 //トップページ広告終わり