氷河期世代がブラック企業でアーリーリタイアに挑む

氷河期世代の42歳。血を吐く思いで貯金してアーリーリタイアするのが目標です。蓄財方針は専守防衛。

【俺ヤバい】バフェット氏が航空株全て売却

スポンサーリンク

f:id:yaitax:20200427211354j:plain

最悪なニュースが入ってきました、、、

投資の神様にしてオハマの賢人、ウォーレン・バフェット氏。彼のいうことは大体正しく、その発言に相場が動かされることもしばしばなのですが

そのバフェット氏が航空株を全部売ってしまったそうです。

ざっくり言うと

  • デルタ航空等はバフェット氏の超お気に入り銘柄だったのに、
  • 持っていた米国4大航空会社の株は全部売った
  • コロナのせいで3~4年先の航空需要も見通せない
  • 飛行機の数も多すぎる
  • 2月に一瞬デルタ航空を買い増ししたのは間違いだった
  • ついでに原油の見通しも暗いと思う
  • 世界は変わる

みたいなお話です。

 

おいおい!待ってくれ!

つい先日株に復帰して

意気揚々と航空系と原油系をおもいっきり買いまくったのですが泣 

ついでにロイヤルダッチシェルB株(RDS B)も。。。

 

僕のポートフォリオにはデルタ航空、ボーイング、JAL、ANA、ロイヤルダッチシェルに原油先物がてんこ盛り・・・

威風堂々とした最強の布陣が・・・

 

オワタ・・・

f:id:yaitax:20200503221357j:plain

 

800まんえん!ぼくの800まんえーーーーん!!!泣

 

放心状態でも丁寧に目次を作る僕を褒めてください

  

バフェット氏は悲観的すぎる?

ここは冷静にならねば・・・ということで考えたのですが。流石に3~4年というのは悲観的すぎるんじゃないでしょうか?

いくらなんでも1年くらいでかなり元に戻るのではないのか?というのが僕の希望的観測であります。。。

その3つの理由をまとめました。 

1.流石に3~4年も企業が自粛するか?

まず、3~4年も自粛したら絶対世界全体が死ぬと思います・・・。それならコロナ覚悟で経済全開したほうが良いのでは?というのが1点。

それに、ずっと3年も4年も海外旅行や海外ビジネスをしないなんて考えられません。オンラインなんとかが増えるのは間違いありませんが、やっぱり海外にはそれなりに行くと思う。

 

今、世界の人々は商売したくてウズウズしているのです。 というか、商売しないとコロナに感染しなくても死んでしまうのです・・・。

体力が持って数か月の会社も多く、それらが倒産して壊滅的ダメージを受けるくらいならコロナと共存する世界を選択するはず。 ぶっちゃけ

 

「3年も4年も閉めるくらいなら 批判覚悟で飛行機飛ばすわ!!(ブチキレ」

 

というのが本音じゃないでしょうか。

もちろん体力のないLCCなどは潰れてしまうかもしれませんが、天下のデルタやJALがそんな愚を犯すとはとても思えないのです。 そして誰もそれを非難することもできないはずです。これは従業員の命を守る行為でもあるのですから。

世界が変わるというのは確かにあるでしょうが、まあそれなりに企業も適応するのではないかと…。

 

2.流石にワクチンができているのでは?

詳しいワクチンの開発方法とかは知らないですが、12か月や18カ月といった開発期間が相場であるようです。

そしてバフェット氏のマブダチであるビルゲイツ氏はこんなことも・・・

記事の中では9カ月~2年との予測。

 ワクチン絶対できるって信じてます!

僕は9カ月は無理でも、1年とかで出来ると信じています。

 

ここでワクチン開発した企業がアフターコロナの天下を取ると言っても過言ではありません。いいタイミングで投入出来たらもはや。莫大な利益と共に最高の栄誉が与えられ、世界中の報道が連日連夜勝手に無料で最高のCMをしてくれるのです。

絶対に毎日徹夜で我がブラック企業並みに働いて開発しているはず

f:id:yaitax:20200503221335j:plain

 ワクチンさえ完成してしまえばこっちのもの。三密バッチコイ、濃厚接触ウェルカムですよね。 普通の薬だってかなり開発が進んでいるし、

 

患者「咳がひどくて熱があるんですが。」

医者「どれどれ・・・あー コロナですね。お薬出しておきますね」

患者「どうも。」

医者「ちゃんと食後に飲んでね~ 一応来年は予防接種ね」

 

てな具合になっていることを期待。

 

3.コロナはそこまでヤバくないはず?

最近のニュースだと抗体検査で

  • NYの無作為検査の結果14%が感染済
  • 慶応大学病院の無関係患者が5%無自覚感染
  • 神戸の病院で4月前半の無関係患者が3%無自覚感染

ということなんですね。

もちろん母集団の問題もあるし、抗体検査の精度も完全に信頼できるものではありません。しかしそれなりに市中感染が広まっているのは確かなのです。

それだけ広まっているにも関わらず、死者数は人類壊滅的とは言えないというか、むしろ割と少なめ。

 

今ほど池上さんの番組で感染症特集をやっていましたが

  • 天然痘
  • ペスト
  • スペイン風邪

に比べたら、現代のコロナなんて完全にザコだと思いました。

昔の医療技術皆無の時代でもどうにか乗り越えたのですよね。

というわけで、現代科学の前にコロナが1年くらいで完封されることを望みます。

 

そんなことバフェット氏もわかっている

しかし、浅はかな僕が思うようなことは当然バフェット氏も理解しているはずなのです。そのうえでの選択だったのでしょう。

しかしなぜ3~4年・・・一体なにがあるのでしょう・・・怖いよ

 

万が一ワクチンができなくても、3年も4年もしたら上記の市中感染率の進行状況からして余裕で集団免疫状態に達成しているはずですよね。2度目の感染があるにしても、です。

僕にはこれをひっくり返すシナリオがなかなか思いつきません。

 

僕はバフェット氏の本を中心に株の勉強したし、いつも理にかなっていると思うし、一番好きな投資家でもあるのですが、今回ばかりは自分の目論見を信じてストロングホールド。 

 

ああ。

とにかく航空株と原油株がどうか無事でいて欲しいなあ。

明日の米国市場が怖い・・助けて!!

//トップページ広告 //トップページ広告終わり