氷河期世代がブラック企業でアーリーリタイアに挑む

氷河期世代の42歳。血を吐く思いで貯金してアーリーリタイアするのが目標です。蓄財方針は専守防衛。

やっぱり富裕層(金融資産1億円)達成したい

f:id:yaitax:20190323164428j:plain

前回集計↓↓から約2か月。

 

相変わらず浪費を控えていたのとFXスワップ乞食が好調なこともあって、資産6600万円が見えてきました(現時点ではまだ未達)。

ここにきて心境の変化があったので記録したいと思います。

 

 

「1億円」という数字に意味はないと思ってた 

世間には 

・株で1億円を稼ぐ!

・老後に必要なのは1億円! 

のような「1億円」釣り文句があふれています。

かねてからこの「1億円」という数字には意味がないと思っていました。ひねくれたことを言うと、10進数でキリの良い数字が1億円でも、2進数なら1億3421万7728円が最もキリが良いわけで、1億円に拘らずに目標値や必要額は将来を予測して逆算で定めるべきであると。だから僕は中途半端に9500万円を目標値にしていました。 

 

しかしふと思い返すと、僕は5000万円達成の時に物凄く喜びを感じたし、資産が6600万円近くなってきて「もう少し頑張ると6667万円。億り人の丁度三分の二!!」と結構達成感が出てしまいました。

(↓5000万円達成時のお話↓)

 

キリの良い「1億円」ってのは何か象徴的な数値である気がするのです。

 

人は数値の最大桁で判断する 

人間の頭はそれほど賢くなく、アナログな感じで数値のイメージを最大桁で判断していると思うのですね。例えばスーパーで値付けするときに298円とか1980円とかにしているのはその心理を利用したものなのだと思います。

 

別の実例で言えば、僕は昔TOEICという英語の試験の点数が890点だったのですね。帰国子女でもなければ留学経験もないガチ日本人の僕にとって、血のにじむような努力を重ねなければなかなか取れない点数で、ひそかに誇りに思っていました。しかし点数を聞かれて「890点です」と答えると「おおー!800点台とか、十分ですね!」という反応が多いです。おいおい、違うんだよと。TOEIC800と900では天と地ほど能力が異なるのですが、結局は最大桁でカテゴライズされるという。

 

自分自身への自己評価を高めたくなった 

当然僕もアナログ的判断をする1人の人間なわけで、自分自身を評価するときにも数値のアンカリングがなされるわけです。その時、中途半端に及ばない数値だと僅かに自己評価が低くなってしまう。

「9500万円ホルダー」「TOEIC890点」「1億円ホルダー」「TOEIC900点」と実態は殆ど変わりません。しかし頭の中では無意識に「9000万円」「800点」と切り下げて自己評価してしまう気がします。

アーリーリタイアの大目的は“ストレスからの解放”であり、予め僅かなストレスの原因も排除したいところです。長いリタイア生活の中で僅かなコンプレックスとして心にトゲが刺さったようになる気がするのです。

 

リタイアしたらTOEICなどクソの役にも立ちませんが、自分が人生で頑張った事の証として、何としても最大桁を9に上げたかった…

というわけで実は結構前から英語の鍛錬を再開して、900点台になりました(5回も受けた!泣)

これでもう思い残すことはありません。満点は絶対無理ですのでここが僕の限界です。

 

そして残るは資産形成です。

これまで9500万円を目標にしていましたが、同じ理屈でこうなったら1億円に上方修正です!

 

社会との戦いから自分との戦いへ 

これまでの目標値9500万円はただ生き残るために必要なお金です。何度も何度も計算して、1秒でも早くブラック企業から安全に離脱できる最低額だと考えています。この部分は変わらない。

資産額を9桁にするという自己満足の為に足した最後の500万円は、自分自身への見栄のためのお金です。これは余分なお金だからおそらく使い切ることはありません・・・。自己肯定感を少しでも高めるための余分なお金です。そもそも人に「僕1億円持ってますよ」と証明する場面なんてありえませんし、完全に自分自身の為の贅肉のようなお金ですね。でもこれが500万円以上の幸せをもたらしてくれるんじゃないかと。

 

商材販売のための「1億円を稼いだ!」という文言を書く時なら、9500万円あれば盛って1億円と言っても問題ないでしょう。四捨五入で達成しているのですから。

でも自分自身へは嘘をつくことができません。四捨五入する心はその分だけ削られ、ストレスになるはずです。胸を張って「富裕層、1億円を達成した」と感じてみたいものです。

 

今日から絶対1億円貯めるマンに変わりました。

まあその分目標は遠のいて、ブラック企業勤務期間も伸びるけど・・

残り3500万円貯めてすっきりとリタイアしたい!

そんな決意の記事。頑張るズラ。