氷河期世代がブラック企業でアーリーリタイアに挑む

氷河期世代の42歳。血を吐く思いで貯金してアーリーリタイアするのが目標です。蓄財方針は専守防衛。

公務員の氷河期採用枠。倍率高っ!!

スポンサーリンク

f:id:yaitax:20191107001839j:plain

目次

今日のニュースに、我々氷河期世代専用の公務員採用枠ができたという記事がありました。不幸にも職にあぶれたアラフォー世代に、敗者復活のチャンスを与えてくれるようです!

これってどのくらいの倍率になるのかなぁ?と思っていたら、既に兵庫県宝塚市で3人の枠で実施していました。

 

 

倍率600倍!!

僕はもう我が道を突き進むので応募はしませんが、和歌山県にもめっちゃ応募があるでしょうね。

それにしてもこの倍率は・・・ハンター試験かよ!

 

普通のいわゆる新卒枠の倍率は県庁によってばらつきはあるものの、ざっくり言って去年は3~5倍程度だったみたいです。今の世代は良いですね。

  

氷河期に生まれただけで600倍の競争

しかし本当に不遇な氷河期世代です。600倍だなんてひどいです。

だって、新卒枠の3~5倍なら、きちんと勉強して幾つか併願すれば公務員になれるやないですか。それで落ちる人は単純に勉強不足なんじゃ。

一方で、20年近く虐げられた我々は細い細い蜘蛛の糸に群がり、600倍もの熾烈な戦いを強いられるという・・・。

というか、これに勝ち残った宝塚市の3名ってどんな人?県庁内でダントツに優秀な人材なんじゃないでしょうか。

 

 

「倍率600倍」はどのくらいヤバいのか

とにかく物凄い倍率ですが、高すぎてよくわからないので他の倍率を探してみました。

 

  • アメリカ永住権「グリーンカード抽選」当選確率・・・80倍
  • ジャニーズ事務所の採用倍率・・・諸説あるが数百倍
  • 第2期AKB48追加メンバーオーディション・・・700倍

 

すげー。

この氷河期限定公務員試験はグリーンカードより遥かに難しいんですね!ジャニーズ事務所もまあ余裕。もうちょい頑張ればAKB追加メンバーに!

 

倍率600倍を勝ち残った先

さて気になる待遇は、宝塚市の募集サイトによると・・・

 

高校卒業相当程度 213,325円 ~ 292,445円
大学卒業相当程度 242,765円 ~ 292,445円

※地域手当含む

 

範囲はあるものの、まあ額面で25万円くらい。40歳前後にしてはちょっと少ないような気もしますね…。

だってこの人たち普通じゃないんですよ?

600倍の試験合格者なんですよ?もうちょっと出してやれよ。

若いころに就職氷河期に巻き込まれただけで、めちゃくちゃ優秀。

恐ろしく頭が切れ、コミュニケーション抜群、さらに一発逆転を手にする強運の持ち主。それが合格者だよ。

採用担当官の600倍優秀だよ。

 

さっき挙げた例で言えば、他の競争だったら無条件でアメリカ人になれたり、AKB48に入れて貰える。人気者になって、承認欲求が満たされてお金も人生も安泰なレベルなわけですよ。

 

かたや、紙飛行機を作る紙すら配られなかった僕ら氷河期は・・・

これに勝ち上がっても月給25万スタート。

いくら公務員になれるといってもなんだかなあ・・・という感じですよね。

 

人材のバーゲンセール

しかし逆に県庁側の立場に立ってみると、まさに人材のバーゲンセール。やばいです。雇用したら最後、この最強の人材たちは定年まで文句ひとつ言わずにゴリゴリ成果を出すでしょう。だって、県庁は彼らにとって救世主なのです。こんな超優秀人材を月給25万円で雇えるなんてね。

アラフォーで年収400万位のスタートなので、生涯賃金は1億ちょいになるのかな。諸々のコストを考えても総額1.5億円くらい。

たったの1.5億円で 最強クラスのガチ氷河期戦士が一人手に入る。

これなら和歌山県民も住民税を払う甲斐もあるってもんですよ。

 

繰り返しになりますが、氷河期世代で燻ってる人って本当に優秀な人が多いと感じます。ただ打ちひしがれて、運にも見放されて、地べたを這いつくばっていました。

20年近くもボロボロにされているうちに、僕のように特殊な才能(←貯金忍耐力w)に目覚めてしまった人も多いはずです。もうぶっちぎりです。

 

こうなったらいっそ、47都道府県が氷河期戦士300人ずつ募集してはどうでしょう?

合計2兆円そこそこの人的投資で行政機関のパフォーマンスは劇的に改善され、日本全国がすごく良くなるんじゃないかと思います。ブラック企業も消滅です。

 

東京オリンピックとかいう運動会に3兆円使うくらいなら、絶対こっちの方がおすすめ。ダメもとでやってくれ!

 

というわけで和歌山県も宝塚市ももっと頑張ってください。せめて30人くらいには!

 

(追記)

後日、同じ兵庫県の三田市も同じような募集をしていました

 

 

//トップページ広告 //トップページ広告終わり