氷河期世代がブラック企業でアーリーリタイアに挑む

氷河期世代の42歳。血を吐く思いで貯金してアーリーリタイアするのが目標です。蓄財方針は専守防衛。

「お金は強力な精神安定剤」金に苦しみ続けた僕の結論

スポンサーリンク

f:id:yaitax:20190322214003j:plain

ブラック企業に就職してから15年以上。とにかく早期リタイアしたい一心でずっとお金のことばかり考えていました。

1秒でも早くお金を貯めてブラック職場からおさらばしたい!お金さえあればひどい仕事をせずに済むのに!と。

金金金金金…でも金っていったい何なんだ?といった事もよく考えていました。

そんな僕のお金哲学(?)の一部を書いておきたいと思います。

 

1.お金の最強の使い道は「使わない事」

 

異論はあると思います。「お金は使わなければ意味がない」というのは至極真っ当です。普通に稼いで普通に使う、これはとても幸せで正常なことです。

しかし超どん底にいる人にとっては、貯金をして「安心感」「逃げ道」を得る以上に効果的なものはありません。経験者の僕が言うので間違いないです。

そして安心感はいくら買っても実際には1円も減らないのも素晴らしい。経済状況がやばい時ほど、歯を食いしばって貯金するべきです。

 

 

2. お金は幸せになるためのモノではない!不幸を回避するためのモノ

 

一言でいうと俺のお金哲学は↑こういうことだと思います。

お金があるだけで幸せになれるほど人間単純じゃありません。何億、何十億持っていてもそれだけで常にテンション高く暮らせる人はいないでしょう…。

俺の現時点の資産は、死ぬ思いで貯めた5700万円(+予定の退職金)です。かなりの大金に思える人もいるでしょう。一文無しの人にこの貯金を全部上げたら滅茶苦茶ハッピーになっると思います。しかし実際はコツコツと段階的に貯まってきたので、僕は激烈にハッピーな気分になることはありませんでした

ずっと初期目標にしていた5000万円を初めて突破した時はてうれしくて涙がでたけど、しばらくしたら普通に戻りました。金があるだけでは決して幸せにはなれない。

ただ、常にほんのりとした安心感は感じています。少なくとも1万円の治療費を払えずずっと痛みをガマンするとか、明日の食事がないとか、ガスを止められて水風呂に入る…みたいな致命的に不幸な状況は一生回避できそうです。

しかし一番大きいのは、「今の職場を辞めようと思えば辞められる」と思える点です。

 

 

3.「お金がないから退職できない」は本当につらい

 

  • いつでも逃げられるけど今は辛い仕事に耐えている
  • 辛い仕事に耐える以外に道はない

この2つは、見た目は同じ状況でも精神状態が全く違います。就職したての僕は本当に貧乏で、完全な後者でした。超絶ブラックの職場でも、辞めたって不景気だから転職先なんてなかったし、やられるがままに生きていくしかありませんでした。その頃の暗い話は下の記事をご覧ください。

 

 

俺はこの頃にリタイアして逃げることを心に決めたわけですが、その時点で貯金などあるはずもなく、「絶対にここで頑張り続けなければいけない」という中で過ごしていました。逃げ場がないって本当につらかったです。

しかし少し時がたち、貯金がたまってくると精神に少し変化が現れました。

 

4.明確に貯金の精神安定効果が出たのは1000万円

 

少し精神的な余裕が出てきたのは就職3~4年目くらいで、資産1000万を超えた頃だったと思います。うまく貯金することができたんですね。

その頃には

 

「本当の本当に職場に耐えられなくなったらこの金持って逃げよう」

「退職届を叩きつけてそのまま失踪しよう」

 

とか考えられるようになりました。要は「逃げる」って選択肢ができたんですね。

もちろん1000万円で一生逃げ切る事は絶対に無理ですが、その気になれば5年くらいは逃げられる緊急非常口となります。実際に逃げなくても構わないんです。「逃げられる」というのがポイントです。

でも500万くらいの時は全く余裕が無かったのはなんでだろう? ケタが変わったのが心理的な節目になったのでしょうか。

この状態になってくるとお金の防御壁が常に精神ダメージを数割緩和してくれる感覚になります。でも繰り返しになりますが、幸福感は1ミリたりともありません。ダメージの緩和のみです。

 

4.貯金バリアの強化

その後2000万、3000万・・・と貯まるにしたがって、その精神ダメージ緩和効果はますます強固になっていきました。そしてゴールの見えてきた今、余裕こいて暗い過去をブログを書く程に精神が安定しています笑 今や5700人の福沢諭吉クローンがボディーガードとなり、かくして僕は致命的に不幸な状況から脱出することができました。

 

5.貯金バリアの完成

お金はいくらでも欲しいものです。何十億円も持っている富豪でもまだまだ稼ごうとしますよね。でもこれってあれこれ欲しいとか、人に自慢したいとか、そういう心理だと思うんです。お金の目的を「不幸回避の精神安定剤」と割り切った時は単純なゴールが存在します。

 

(ごく普通の生活費) × (寿命)

 

これ以上を求めても、バリアはもう強くなりません。

そして金の防御壁が完成してもう積み上げなくてもよいと思えた時、お金の呪縛から解き放たれた時、自分が本当に心からやりたかったことなどが見えてくるのではないでしょうか。

お金が圧倒的に不足しているときは、どうしても視野が狭くなってしまいます。それがなくなるだけでも結構いい人生になると思うんですよね。滅茶苦茶ハッピーな状態ではないでしょうけど、金が介在しなければ物事をすごくナチュラルに考えられるようになる気がします。

 

6.最後に、どん底の皆さんへ

僕のように不幸にもブラック企業に入ってしまった人に伝えたいです。いくら辛いからといってストレス解消に給料の全て使ってはいけない。泥沼です。使ってしまったらまた逃げ道がなくなり余計につらくなります。歯を食いしばって貯金すれば、必ず逃げ道が見いだせると思います。

安月給でサービス残業まみれの僕でもできた地道な方法を今後もブログで発信して、一人でも多くのブラック企業勤務者が救われればと思います。 

  

 

 


セミリタイアランキング

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

//トップページ広告 //トップページ広告終わり